遺産相続で不動産を相続する事になった時、まず知っておくべき事。
不動産の相続相談:不動産相談サイト
不動産の相続相談:不動産相談サイト
建築家とつくる家
内覧会立会い(住宅新築戸建て内覧会同行):不動産セカンドオピニオン
相続相談
相続について相談する
不動産売却お役立ち情報
 
第三者運営の不動産なんでも相談(無料)

TOP相続相談遺産相続で不動産を取得

遺産相続で不動産を取得

遺産相続はルック不動産.COMにおまかせ下さい。

遺産相続税は安くできる・・・遺産相続した不動産の評価を下げれば節税できる

財産がある人にとっては、遺産相続は大きな課題であり、悩みでもあります。
遺産相続になれば莫大な相続税を払わなくてはならないとしたら、どうすればいいのだろう・・・という不安をかかえている方もあることでしょう。
巷から聞こえてくるのは「高い相続税を払った」とか、「遺産相続で財産がなくなった」とかいう話ばかり。
遺産相続は大変だという現実があまりに多いということは間違いありません。
もう少し相続税が安くなれば・・・とは、誰もが思うことでしょう。
そんな大変な遺産相続ですが、取り組み方によって、”相続税は安くできる”のです。
では、どうすれば相続税が安くできるのかということがポイントになります。
不動産を勇んで相続した場合、”申告の評価を下げる”ことだと言えます。
評価を下げれば遺産相続した不動産の相続税も下げることができるからなのです
 それではどういう財産の評価を下げることができるかというと、主なものは不動産です。
不動産のうち、土地の評価の仕方はひとつではなく、いくつかの方法があります。
不動産自体も個々に状態が違うことから、ひとつひとつの評価や価値が違って当然と言えます。

遺産の相続税が課税される場合

相続税が課税されるのは、亡くなった方(被相続人)の遺産などのうちで、原則として相続税の課税対象となる純資産(基本的には「財産から債務を控除した金額」)の価額の合計額が遺産に係る基礎控除額を超える場合です。
遺産相続に係る基礎控除額の計算

  課税遺産相続−(5千万円+1千万円×法定相続人の数)

被相続人の遺産などのうちで相続税の課税対象となる純資産の価額の合計額が、遺産に係る基礎控除額以下である場合には相続税の課税問題はないこととなります。
平成17年中に相続が開始した被相続人について、平成18年10月31日までに提出された相続税額がある申告書の提出割合は、全被相続人のうちの4.2%です。(国税庁統計発表より)

遺産相続税の控除

・遺産相続税:配偶者の負担軽減

配偶者の相続税額の軽減の制度とは、被相続人の配偶者が遺産分割や遺贈により実際にもらった正味の遺産額が、次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかからないという制度です。
 (1)1億6千万円
 (2)配偶者の法定相続分相当額
但し、この制度を利用するためには、原則として期限内(10ヶ月以内)に遺産分割協議を完了させて、相続税の申告と納付を済ませておかなければなりませんのでご注意ください。

・遺産相続税 未成年者控除

法定相続人に未成年者がいる場合は、未成年者が20歳に達するまでの年数1年につき、6万円が控除されます。

・遺産相続税 贈与税額控除

贈与税額控除とは、贈与税と相続税の二重課税を防止するために設けられている規定です。相続開始前3年以内の贈与財産は、相続税の対象として加算されますが、贈与税を既に払ってる場合には相続税から控除できます。
※その他、障害者控除・相次相続控除・外国税額控除などがあります。

遺産相続された土地家屋の相続評価

・遺産相続不動産:土地

相続により取得した不動産が土地の場合、相続税の基となる価格は、実勢売買の金額ではなく、路線価方式と倍率方法式のどちらかで評価します。どちらで評価するかは、所在地によって自動的に決められています。

・遺産相続不動産:借地権

相続により取得した借地権の相続税の基となる価格は、宅地の通常の評価額に借地権利割合をかけます。
借地権割合は国税局で定められていて路線価図の地域区分によって決まります。

・遺産相続不動産:家屋

相続により取得した家屋の相続税の基となる評価額は固定資産評価額と同じです。

遺産相続の専門家を見極める

最善の遺産相続を考える時、専門知識や技術が必要になってくるでしょう。いつも親しんでいるからといって、顧問税理士に頼まれる方も多いようですが、税理士さんでも得意、不得意があるもの。高額な相続税ですから、特に経験と知識を備えたプロのノウハウが必要です。
遺産の相続・遺言・手続きなどをサポートする公的機関や遺産相続手続きの民間の支援センターなどの遺産相続の専門家を見極めることがポイントとなります。
遺産相続した資産内容のうち、不動産(土地・家屋)が多くの割合を占めている方が多いと思いますが、そういった方は特に、土地をどう評価するかが節税のポイントになります。所有している土地の条件によっては、評価の仕方によって税額が大きく変わりますので、ここは特に遺産相続に精通した相続の専門家にお願いしたい部分です。

相続による不動産取得税

売買や贈与、建築などによって不動産を取得した人は不動産取得税を支払わなければなりません。 ただし、遺産相続による取得には相続税がかかり、不動産取得税はかかりません。

遺産相続による不動産を売却したときの税金

・単純承認で不動産を遺産相続で取得した場合

取得日・取得価額は、被相続人がその資産(土地)を取得した日、取得価 額を引き雑ぐことになります。従って、被相続人が資産を取得した日から、相続人が資産を譲渡した日が、5年を超える場合は、長期譲渡所得として、所得税率20%が適用され、5年以内の場合は、短期譲渡所得として、所得税率40%が適用されることになります。
なお、取得価額が不明の場合は、譲波価額の5%を取得価額とみなして、計算することになります。

・限定承認に係わる遺産相続で取得した場合

取得日については、相続により資産を実際に取得した日が取得日になります。
取得価額については、取得した日(相続のあった日)の時価を基として計算することになります。
※相続人が、被相続人の財産(マイナス財産を含めて)を全面的に承継することを内容として相続を承認する場合を、単純承認といいます。
※相続人が被相続人の債務及び遺贈の弁済を相続財産の限度で清算し、たとえ債務超過であっても相続人の固有の財産で支払う必要のないものを、限定承認といいます。

相続相談を依頼する
遺産相続TOP